忍者ブログ
徒然なるままに書き記した戯言集です(^^;)。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 馬鹿馬鹿しいけど、ちょっと感動(^^;)。次の目標は「えび投げハイジャンプ」だ!
PR
 今夜夜9時からTBSテレビでドラマ「JIN-仁-」の続編である完結編は放送される。原作漫画の作者である村上もとか先生は僕の師匠である。
 僕は前作である「龍-RON-」のはじめぐらいまでしか手伝ってなく「JIN-仁-」はノータッチだけど、それども師匠の作品が大人気になるのは嬉しい(^^)。
 それにしてもドラマ版がこれだけ視聴率を取り、多くの賞まで獲るなんて。しかも今回の完結編は世界80ヶ国放送だなんて(^^;)。漫画連載は終わったけど、ドラマ版はどんな結末を迎えるのか?放送がとても楽しみだ(^^)、





 You Tubeにアップされていたタイガーマスクの生唄の動画。NHKの衛星放送の番組らしいけど、生唄の上手さにビックリ!(^^;)。
 タイガーマスクの放送は1969年。放送から40年経っているのに唄のクオリティが落ちていないのがスゴイ!。

 深夜のテレビ番組で、秋葉原のラーメン店を食べ歩いて人気上位5位までを当てるというのをやっていた。「帰れま5」だったかな?
 秋葉原は一昔前までは飲食店が極端に少ない街だった。それがここ数年、いろいろな飲食店が増えてきた。ラーメン店も増え、激戦区となっている。番組の中で紹介されたラーメン店は僕も入ったことのあるものが多かったけど、人気1位の「ばんから」は知らなかった(^^;)。
 まだ出来たばかりの店らしいけど、相当の人気店らしい。ラーメンが美味しそうだったので食べに行こうかと思ったが、テレビで紹介されて人がいっぱい入っていたらイヤだなぁ(^^;)。

 漫画 「臨死!!江古田ちゃん」が実写TVドラマになって先週から始まっている。今夜(火曜深夜)1:29~1:44に第2話が放送される。
 主役の江古田ちゃんを、鳥居みゆきが演じている。江古田ちゃんは自分の部屋の中では全裸で過ごしているが、鳥居みゆきもちゃんと全裸で演じていた。エライ!。
 全裸といっても、さすがに局部は部屋の中のモノで上手く重ねて隠してはいるが、鳥居みゆき自身は隠すポーズを全くしていない。エライ!。
 江古田ちゃんのエキセントリックな感じが鳥居みゆきと通ずるものがあり、まさに「実写版江古田ちゃん」(^^;)。

 これをアニメ「君に届け」の後に放送するなんて、日本テレビ、スゲェ!(^^;)。
 TBSテレビで今夜7時から「JIN-仁-」の2夜連続で総集編が放送される。TBSテレビで相当視聴率が取れたので、年末スペシャルでの放送となったようだ。それにしても、ゴールデンタイムでドラマの総集編を連続で放送するなんて、村上もとか先生、スゲーッ!。

 「JIN-仁-」の漫画原作者の村上もとか先生、僕は20~24歳まで村上もとか先生のアシスタントをしていた。その先生の作品がこれだけ社会現象になっていることに、元アシスタントである僕も嬉しい限りだ(^^)。





 上の動画はMBS毎日放送の「ロケみつ」。この番組で「ブログ旅」というコーナーがある。この「ブログ旅」にお笑い女芸人、桜の稲垣早希が挑戦している。エヴァンゲリオンものまねで有名な彼女は、惣流・アスカ・ラングレーのコスプレで旅をする。
 旅の様子は毎日ブログで報告、朝9時と昼3時に記事に対する応援コメント数のチェックがある。コメント数Xサイコロの出目で旅の資金が決まる。1が出たら資金全額没収(^^;)、2でコメント数X0.1円、3~5でコメント数X1円、6が出たらコメント数X10倍の旅の資金をゲットできる。
 動画は「四国一周」版。四国各県のチェックポイントを通過して、四国を一周、スタート地点がゴールになる。

 この番組は関西の放送なので、関東圏では観ることが出来なかった。それが今、TBSテレビ土曜深夜で「四国一周ブログ旅」が放送されるようになった。「四国~」そのものは1年前の放送のものなので、もう応援コメントを送ることは出来ないけど、稲垣早希の波乱万丈の旅を楽しむことは出来る(現在は「西日本横断ブログ旅」が進行中)↓
http://www.mbs.jp/888/blogtabi/

 
 今夜、深夜2:48からTBSテレビで「四国一周ブログ旅」を観ることが出来る。稲垣早希のアスカのものまねも見所だが、彼女自身の純朴さや笑顔がこれまた良い。ちょっとファンになっちゃうよ(^^;)。

 下の動画はGyAoで放送されていた「溜池NOW」。アスカのものまねで稲垣早希が出演している。本人以上かもしれないクオリティの高さが素晴らしい。



 上の動画は、NHK教育テレビ、平日午後5:30~5:40放送の「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」。
 「ひとりでできるもん!」の流れをくんだ、女の子が料理に挑戦するという番組だ。

 福原遥扮する「まいん」が、料理を通して周りの人たちを「はぴはぴはっぴー!」にしていくというストーリーで、実写パートとアニメパートが混在する作りになっている。

 実写パートの福原遥は可愛いし、アニメパートでも「萌えキャラ」的な可愛いキャラになっている。しかしこの可愛さ、単なる子供番組向けだけではないような気がする。三次元的にも二次元的にも通用する可愛さは、ロリコンのヲタク達にとって「どストライク」」に思えるからだ。子供の視聴者だけでなく、「大きなお友達」も視聴者に取り込もうというのか?NHK、あなどれんっ!!(^^;)。


 上の動画は1980年にテレビ放送された「COSMOS」(You Tubeには1987年版のスペシャル版しかなかった^^;)。米コーネル大学教授でNASAのスタッフだったカール・セーガン博士が制作した科学教養番組だ。
 「COSMOS」が日本で放送された当時、僕は中学2年生だった。番組を観たかったが、夜11時の放送だったので観ることは叶わなかった(当時の就寝時間は夜10時)。それが1981年夕方の時間に再放送が始まった。当時僕は軟式テニス部に所属していて、再放送の時間は当然部活中だった。このころはまだ家庭にビデオデッキが普及していない。こんな状況で「COSMOS」を観ることは極めて困難。しかし僕は再放送の全13話をキッチリと観た。それは何故か?答えは至極簡単。「COSMOS」の再放送があるのに、部活に出ている場合ではないじゃないですか!(^^;)。
 当然僕は軟式テニス部をクビになった。だが後悔はしていない(^^;)。部活をクビになったといっても、この宇宙(COSMOS)の広大さから比べたら、ホンの些細なことに過ぎないではないか!(^^;)。
 そんなイタい思い出はともかく、You Tubeに「COSMOS」の動画を見つけた時はメチャメチャ嬉しかった。



 「COSMOS」の中で印象的な「宇宙カレンダー」。宇宙150億年の歴史を1年に置き換えてカレンダー表示にしたものだ。
 このカレンダーの中で人類が現れたのは12月31日のラスト数秒。宇宙から見た人類の歴史などは、大晦日に「ゆく年くる年」を観ているうちの数秒にしか相当しないということだった(^^;)。
 カール・セーガン博士自身が番組ホストとして登場している。博士カッコイイーッ!でも博士は1996年にお亡くなりになられたんだよな・・・(T_T)。
 BGMとして流れる「アルファ」がこれまた結構!作曲者はヴァンゲリス、映画「炎のランナー」、「ブレードランナー」、「南極物語」の音楽を担当した人だ。この人の音楽がまた「COSMOS」に合う!。

 再放送してほしいけど、ちょっと無理かな。DVD買おうかな(^^;)。


 毎週木曜日の夜10時、NHKテレビ「ブラタモリ」が放送されている。
 この番組はタモリ女子アナと都内及び近辺を練り歩き、江戸の古地図を参照しながらその場所の過去から現代への変遷を考察するというもの。「タモリ倶楽部」と「ちぃ散歩」を足して2で割ったような番組だ(^^;)。


 
  You Tubeでは秋葉原を歩いた時のメイドとの会話の動画しか無かったので、一見ヲタク番組っぽくみえるが、この後に秋葉原の運河跡にも行っている。
 秋葉原は江戸時代には、江戸の火事の延焼を防ぐための広野だった。そこには火事から江戸の町を護るための「秋葉様」が祭られていた。それが今もある「秋葉神社」の始まりだという。「燃え」を防ぐための場所が「萌え」に染まっているのも妙な話だが(^^;)。
 また秋葉原は江戸時代には薪炭問屋が多くあったらしく、その運搬のために当時は運河が多く張りめぐらされたという。ヨドバシカメラの昭和通り側出口の前に小さな公園があるが、ここは昔、運河を通ってきた船の「船だまり」だったという。現在は埋め立てられてしまったが、公園の縁の石垣は「船だまり」だった当時のものだという。僕は自転車で秋葉原に来る時はよくこの公園の脇に自転車をとめるが、まさか僕がよく利用する場所がそんな歴史的価値のある場所だったなんて(^^;)。日本史&生活風俗史マニアの僕にとってはこの番組が面白くてたまらない!(^^)。

 今日夕方に、先週放送された「横浜」が再放送されていた。これもまた面白い内容だった。
 僕は元旦の恒例行事として、自転車でツーリングをしている。「ブラタモリ」を観て、来年の元旦自転車走行は「横浜」にしようと思った(^^;)。

番組HP↓
http://www.nhk.or.jp/buratamori/
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(04/16)
(04/15)
(04/06)
(03/03)
(03/03)
(08/10)
(01/16)
(01/14)
(10/28)
(10/28)
最新TB
(06/09)
(03/10)
(09/08)
(08/27)
(10/11)
プロフィール
HN:
伊原 達矢
HP:
性別:
男性
職業:
しがない漫画家
バーコード
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]