忍者ブログ
徒然なるままに書き記した戯言集です(^^;)。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 今日の出来事ではなく、パソコンが壊れていた間にあった事なんだけど(^^;)。
 
 僕の地元には「大瀬の獅子舞」というものがある。毎年7月1,2日に神社で祭礼が行われ、7月の第4日曜日には「祈祷獅子」が行われる。
 僕は「大瀬獅子会」の笛の吹き手であり、14歳の頃からこれらの行事に参加している。
 今回は、先月23日に行われた「祈祷獅子」について書いてみる事にする。




 「祈祷獅子」とは、獅子が祈祷をしながら大瀬地区を練り歩き続けるという行事だ。朝7時半頃に本堂を出発して夜8,9時ごろに神社に到着するという長丁場である。
 しかし、獅子はずっと同じ人が歩き続ける訳ではない。各所各所の「被り替え」という休憩ポイント(地元の旧家が担当)があり、そこで別の人と交代をする。食事も用意されているので、そこで充分に栄養と水分補給をする。

 今回は、なんと僕の父親が「獅子デビュー」をする事になった。父親は笛の吹き手であり、今まで1度も獅子を被った事は無い。
 笛の吹き手が獅子を被ってはいけないという決まりは無い。笛の吹き手も、獅子の舞手も、それぞれ専門職なので、両方こなせる人がいないというだけだ。
 一区間歩くだけとはいえ、父親は当年64歳!(^^;)力仕事は得意とはいえ、舞う体力は別物だしなぁ・・・。
 ちなみに1番上の写真、向かって左側の青い角「大獅子」が父親である(^^;)。2番目の写真は舞っているところ。
 短い区間を太鼓を叩きながら歩くだけとはいえ、初心者にとってはかなりハードなものだったようだ(^^;)。 




 今回は「八潮駅」でも舞いが行われた。「八潮駅」は去年出来たばかりの「つくばエクスプレス」の途中駅で、埼玉県唯一の駅無し市だった八潮市に21世紀になってやっと出来た市民待望の駅である(^^;)。



 観客も大勢来て、大盛況だった。


 僕のHPでも「大瀬の獅子舞」をWEB漫画で取り上げる予定です。
 「大瀬の獅子舞」については、こちらの「potaの祭」でも取り上げているので、ご参照のほどを。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
(04/16)
(04/15)
(04/06)
(03/03)
(03/03)
(08/10)
(01/16)
(01/14)
(10/28)
(10/28)
最新TB
(06/09)
(03/10)
(09/08)
(08/27)
(10/11)
プロフィール
HN:
伊原 達矢
HP:
性別:
男性
職業:
しがない漫画家
バーコード
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]