忍者ブログ
徒然なるままに書き記した戯言集です(^^;)。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 一昨日、10月4日の話(^^;)。
 現在抱えている仕事の1つを終えた。徹夜で原稿を描き、昼近くにデータで送った。そして昼食を食べたあと、葛飾区の銀行に行き新しく口座を作った。
 これは原稿料振込みのための口座で、編集部から銀行の指定があった。しかしその銀行は地元八潮市には支店が無く、うちから近いところでどこにあるか調べたところ見つけたのが葛飾区の支店だった。
 口座を作るのに時間がかかり、終わったのは昼2時30分だった。

 原稿が描きあがり都内に出る用事もあったことから、そのまま木場にある「東京都現代美術館」まで出かけた。今ここではエヴァの庵野秀明監督が監修で「特撮博物館」という催し物をやっている。
 本当はもう少し早く行きたかったが、仕事の都合でなかなか行けず、気が付いたら開催修了の10月8日が目の前に迫っていた。ギリギリになって都合がついたので、ここぞとばかり出かけた。

12-10-06a.jpg


 午後3時、「東京都現代美術館」に到着。閉館が夕方6時なので、見られるのは3時間しかない。展示物がいっぱいあるらしいので、果たして時間内に全部見られるか・・・!?(^^;)。
 館内に入ると当日券購入のためメチャメチャ長く人が並んでいた。僕は前日にセブンイレブンで当日券を購入していたのでスムーズに入場することができた。もし前日にセブンイレブンで買っていなかったらと思うと、ゾッとした(^^;)。

 展示されているものは、東宝&円谷系の映画撮影で使われた実際の小道具(または復元)だった。みんな貴重な物ばかり。あの映画で使われたものだと思うと、テンションMAXになる!。
 
 館内で上映された特撮短編映画「巨神兵東京に現わる」もスゴかった。巨神兵が東京上空に現れ、東京を破壊尽くし「火の七日間」が始まるというものだけど、ほとんどCGは使われていなく(そう言われるのはブルーバック合成ぐらい?)、手作りのミニチュアと手作りの特殊効果で作られていた。
 巨神兵が東京のビル街に降り立つリアルな映像もあれば、いかにもミニチュアと分かる(わざと)味のある遊びの特撮もあり、クオリティが高いだけでなくスゴく楽しかった。
 巨神兵は細身なので、着ぐるみのように人が入って動かすことができないし、3DCGも使っていない。ある方法によって「人の手」によって動かされているのだけれど、「人の動き」がベースになっているので、CGよりも動きがリアルがった。
 昭和特撮技術をベースにしているものの、さらに今回の映画のために新しい技術が考案され、ふんだんに盛り込まれていた。メイキング映像を観ると、実際に現場で試さないと効果が分からないものばかりだったり、それが想像以上の効果が出るとスタッフみんなが子供のように笑ったり。あぁモノ造りの現場っていいな!と思った。

12-10-06b.jpg
 
 館内では、特撮用のミニチュアステージのみが撮影可能だった。ミニチュアとはいえ丸々都市1つできているので、ちょっとした小人の国。気分はもうガリバー(^^;)。
 セット内に順路があるのでみんなミニチュアステージの中を通って行くので、一般の人がみんな巨人に見えるので何だかヘンな感じだった(^^;)。

12-10-06c.jpg
 
12-10-06d.jpg

12-10-06e.jpg

12-10-06f.jpg

 音声ガイドの声はあの「清川元夢」(ネルフ副司令)!行って絶対に損は無い!
 「特撮博物館」は10月8日までの展示なので、もう時間が少ないから、観に行きたい人は急いで急いで!(^^;)。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(04/16)
(04/15)
(04/06)
(03/03)
(03/03)
(08/10)
(01/16)
(01/14)
(10/28)
(10/28)
最新TB
(06/09)
(03/10)
(09/08)
(08/27)
(10/11)
プロフィール
HN:
伊原 達矢
HP:
性別:
男性
職業:
しがない漫画家
バーコード
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]