忍者ブログ
徒然なるままに書き記した戯言集です(^^;)。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今日は11月1日。毎月1日は映画サービスデーで、映画館で1本1000円で映画を観ることができる。
 お目当ての映画が新宿の映画館で上映されているので、電車に乗って出かけた。

久しぶりの新宿。しかも映画館がある南口は、四半世紀ぶりだった(^^;)。僕がデザインの専門学校生だったころ、学校が代々木にあったので、一駅隣りの新宿は学校帰りの遊び場でもあった。代々木から明治通りに入り、新宿駅南口に出るというのが当時のルートだった。今日は新宿駅南口から逆ルートで歩いて行くことになった。

 新宿駅南口を出て左に曲がり、甲州街道の陸橋を下りていく。その近くに昔僕が通っていた「まんがの森 新宿店」がある・・・はずだった。そこは飲食店に変わっていた。あとで調べてみたら、80~90年代に隆盛を誇り、都内の大きな駅前にはかならず支店があった「まんがの森」は、2000年代に入ってから衰退の一途を辿り。現在は上野店一軒残すだけとなってしまったらしい。しかも新宿店は本店だったはず(^^;)。
 「まんがらりんたら、来てみろりん♪」という飯島愛の歌声が頭の中でリフレインする。その飯島愛もすでに亡くなっている。一つの時代が終わったのだと実感した。

 ちょっと気分がブルーになったが、あるものを見つけてその気分が一気に吹っ飛んだ。
 僕の目の前に一軒のフランチャイズのカツ丼屋があった。店の名前は「たつ屋」。僕と同じ名前だ。この店は四半世紀前に僕がよく通っていた店だった。この「たつ屋」は神田古本屋街のすずらん通りにもあった。しかしすずらん通りの店はとっくの昔に無くなっていたので、新宿の店も同じように無くなっているだろうと勝手に思っていた。しかしそれが当時のままに店がある!・・・こんなに嬉しいことはない!(^^;)。
 映画の前の腹ごしらえと思い店に入る。カツ丼を注文し一口食べる。・・・口の中に四半世紀前の味が甦る。見事に当時の味と同じだった!。感想すら覚える!。
 今日は映画を観に行くのがメインだったのでデジカメを持ってこなかった。「たつ屋」を写真に収められなかったのが残念だ。

 「たつ屋」で四半世紀ぶりの味を堪能したあと、映画館に向かう。映画館は「新宿バルト9」、観る映画は「電人ザボーガー」だ!(^^)。
 公式サイト↓

http://www.zaborgar.com/index.html
 70年代特撮の「電人ザボーガー」が当時のテイストを踏襲しつつ、最新の映画として甦った。





1974年版



 
秘密殺人強盗機関Σ(シグマ)に父親を殺された大門豊は、父親が開発したロボット「電人ザボーガー」と共に、Σに復讐を誓う。
 大門豊はヘルメットから指令を出し「電人ザボーガー」をコントロールする。「電人ザボーガー」はオートバイに変形することができ、大門豊はそれに乗って敵を追跡することができる。

 
70年代のテイストを踏襲した映像は、僕の小学生魂に火をつけた。しかも70年代当時には不可能だった、オートバイからロボットへのワンカット変形まである!オートバイからロボットに変形する際、タイヤがロボットの腹の中に収納される。70年代はカットを重ねないと変形プロセスを表現することはできなかった。それが今ではCGでワンカット変形が可能になった。例えて言うなら「超時空要塞マクロス」のバルキリーが、ガウォークからバトロイドに変形するようなカッコよさだ。これだけでも映画を観る価値がある。
 映画は2部構成になっている。第1部は大門豊の青年期での戦い、第2部がそれから25年後、47歳の熟年になった大門豊の戦いになっている。この熟年期を板尾創路が演じている。冴えないオッサンだけど、時折イケメンに見えるのがいい味を出している。ただ、板尾創路が演じていることで「電人ザボーガー」がダウンタウンのコントっぽく見えてしまうことも(^^;)。
 ちょっと残念だったのが、途中にちょくちょく入る小ギャグが空回りしていること。笑いを入れるのはいいけど、狙い過ぎなのがキツイ(^^;)。「電人ザボーガー」は元々そういう番組じゃなかったと思うけど(^^;)

 
1974年版「電人ザボーガー」で大門豊を演じた山口暁さんは41歳の若さで亡くなられています。山口暁さんは「仮面ライダーV3」ではライダーマンを演じられていました。

 気になる点はあったけど、映画は結構楽しめた。いい気分で映画館を出た。歩いて隣りの代々木駅へ向かう。
 代々木駅の近くに「エンジェルビル」と呼ばれる建物がある。1974年放送のドラマ「傷だらけの天使」で萩原健一演じる主人公「木暮修」と、まさに「相棒」の水谷豊演じる「亨」が屋上のペントハウスに住んでいるという設定だった。
 現在は老朽化が進んでいて、いつ壊されてもおかしくは無い。まだあるかどうか見に行ってみた。
 「エンジェルビル」はまだそこにあった。デジカメを持ってこなかったので、2年前撮影した写真をアップしてみる。

09-12-21c.jpg

 現在もこのような感じで佇んでいる。こういう所はぜひ残してほしい。


 映画を観に行くだけの予定だったのが、意外に収穫が多く楽しめた新宿行きだった(^^)。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(04/16)
(04/15)
(04/06)
(03/03)
(03/03)
(08/10)
(01/16)
(01/14)
(10/28)
(10/28)
最新TB
(06/09)
(03/10)
(09/08)
(08/27)
(10/11)
プロフィール
HN:
伊原 達矢
HP:
性別:
男性
職業:
しがない漫画家
バーコード
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]