忍者ブログ
徒然なるままに書き記した戯言集です(^^;)。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 マイケル・ジャクソンが亡くなった。マイケル・ジャクソンという存在がなんだかフィクションの中のヒーローのような感じだったので、その人が亡くなったと言われても悲しくはあるんだけど、なんだか現実感が薄かった。

 マイケル・ジャクソンといえば1980年代に代表される「スリラー」や「ムーン・ウォーク」など、ダンスによるエンターテイメントの人という印象が世間的に強いと思うけど、もちろん僕もそのあたりは好きだけど、僕は「踊らないマイケル」も好きだ。ダンスを取り入れる前のマイケル・ジャクソンは、素晴らしい歌唱力が売りだった。ダンスの印象が強いマイケルだけど、歌が物凄く上手いんだということに世間的にもっと注目してもらいたい。
 上の動画は「ジャクソン5」時代のマイケル・ジャクソンによる「ベンのテーマ」。ここでのマイケルはリズムに乗って体を揺らしてはいるものの、ダンスと呼ぶほど体を動かしているわけではない。そのため歌そのものに注意が向く。
 透明感のあるボーイソプラノ、高音を出すと音が軽くなりがちなのがマイケルの場合は音の中に芯があるように重量感がある。その上に表現力があるから「上手い」の一言で言い表せない凄みがある。

 昔、「和製ジャクソン5」と呼ばれた「フィンガー5」というグループがあった。「フィンガー5」は「ベンのテーマ」のカヴァーを歌っていた。歌詞は日本語ではあるものの、ヴォーカルのアキラの歌声はマイケル・ジャクソンにひけをとらないほど綺麗なボーイソプラノだった。しかもオリジナルキーで歌っている。これはこれでまたいい味わいがある。
 You Tubeに動画があったけど、設定で動画をこのブログに貼ることは出来なかった。ここにリンクを張ったので、聴きたい人はこちらからどうぞ↓。
http://www.youtube.com/watch?v=89jLDTJ8q2Q
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
(04/16)
(04/15)
(04/06)
(03/03)
(03/03)
(08/10)
(01/16)
(01/14)
(10/28)
(10/28)
最新TB
(06/09)
(03/10)
(09/08)
(08/27)
(10/11)
プロフィール
HN:
伊原 達矢
HP:
性別:
男性
職業:
しがない漫画家
バーコード
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]