忍者ブログ
徒然なるままに書き記した戯言集です(^^;)。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

08-09-26a.jpg

 角川書店から出版されている「月刊ガンダムエース」、アニメ「機動戦士ガンダム」のキャラクターデザインをした安彦良和先生が漫画版ガンダムを連載されている。
 写真左が創刊号、右が最新号だ。僕は2001年の創刊号からずっと欠かさず買い続けている。現在最新号は2008年11月号、通産75冊目に当たる。

 この本が出るのを僕は毎月楽しみにしている。だが最近困ったことがある。「月刊ガンダムエース」が創刊されて7年、内容も充実したものに成長している。が、そのためにどんどんページ数が増え、現在は創刊号の倍の厚さになっている(^^;)。

08-09-26b.jpg 左が創刊号、右が最新号。明らかに厚さが倍になっている。
 内容が盛りだくさんなのは有り難いが、これだけ厚くなってしまうと本棚への収納が大変になってしまう。以前は雑誌が溜まった時は必要な部分だけファイリングして残りは破棄していたが、「月刊ガンダムエース」の場合はそうはいかない。毎号、安彦良和先生の描きおろしイラストが表紙だというのもあるが、この本の装丁自体が「作品」みたいに思えるので、バラすのにしのびない。
 古本屋へも売る気は無いので、どんどん溜まっていくしかない。そうなると本の厚さが収納するのにネックになっている。

 安彦良和先生の漫画版ガンダムの連載が終わればこの本を買うことも止めるかもしれない。
 最新号での話は、テキサスコロニーでのシャアとセイラの再会だった。物語的に言えば終盤にさしかかっているが、安彦良和先生は物語の順番をアニメ版と変えていたりするので、この後、ソロモン攻略戦とア・バオア・クーでの最終決戦がまだ残っている(^^;)。
 まだしばらく連載は終わりそうもないので、本を買い続ける日々もまだまだ続く。年12冊発行とはいえ、漫画の内容から考えると、あと3年はかかるんじゃないかと推測する。3年だと36冊、その分のスペースは確保しておかなきゃいけないな(^^;)。

 できることなら、広告と記事のページをもう少し控えて減ページをしてほしい。でないと、これからますます増ページになったらもう部屋に収納できましぇん!(^^;)。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
(04/16)
(04/15)
(04/06)
(03/03)
(03/03)
(08/10)
(01/16)
(01/14)
(10/28)
(10/28)
最新TB
(06/09)
(03/10)
(09/08)
(08/27)
(10/11)
プロフィール
HN:
伊原 達矢
HP:
性別:
男性
職業:
しがない漫画家
バーコード
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]