忍者ブログ
徒然なるままに書き記した戯言集です(^^;)。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「平成版トキワ荘」があるらしい。

記事→http://www.tokyo-np.co.jp/00/thatu/20060809/mng_____thatu___000.shtml

 入居は女性限定、1年間のみという事らしい。住人一人あたりの負担は、家賃など月4万8千円のみだとか。これは光熱費込みってことなのかな?。それなら生活に追われる事にはならなそうだから、創作に集中出来るかもしれないね。後は本人の頑張り次第だけど。

 女性しか入居出来ないのに「トキワ荘」という呼び名はいいのかな?確かに「若手漫画家が集うアパート」の代名詞として有名ではあるけど。藤子不二雄先生達がいた頃の「トキワ荘」は住人は殆ど男性だったんだよね。一時、水野英子先生が入居していた事もあったけど、でもイメージとしては「男の城」だしね。
 女性漫画家が集ったアパートでは以前、「南大泉サロン」というのがあったけどね。萩尾望都先生や竹宮恵子先生達が共同生活していたのだけど。

 女性限定ならイメージとしては「南大泉サロン」なんだけど、世間的な認知度の問題で「トキワ荘」の方が通りがいいのかな・・・?(^^;)。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
4万8千円というのが微妙に高いですね。光熱費込みならともかく、別料金だとしたら、こんな金を出してゴキブリが壁を歩くアパートに住むことはないと思いますが…。
Posted by よっち 2006.08.18 Fri 15:36 編集
場所にもよるけど
都内なら、4万8千円は格安です。しかも光熱費込みなら尚更です。「平成トキワ荘」は杉並区にあるらしいけど、この家賃ではワンルームも難しいと思われます。

 以前、地元八潮市の物件を調べた事があって、都内と比べてメチャメチャ安いのに驚いたことがあります。
 やはり埼玉は田舎なのか・・・?(^^;)。
Posted by たつや 2006.08.18 Fri 15:46 編集
前回の自分のコメントに訂正。
 「平成トキワ荘」の場所は杉並区ではなく、板橋区でした(^^;)。

 家賃の事だけ考えると、ちょっと郊外に出ればもっと安い物件はあるけれど、「平成トキワ荘」の企画は「漫画家志望の上京者への支援」がポイントになると思うんだよね。

 ・都内であれば出版社訪問が容易
 ・「上京した」という意識を高める
 ・同好の志を得ることで互いを切磋琢磨し合う  
 埼玉県人である僕には判りづらい事だけど、上京者にとって「東京で働く&住む」という事はモチベーションが全然違うらしいよ。都内を絶対条件として考えると、都内での必要最小限ランクはこのくらいって事になるんだよね。
 
 東京は家賃が高いよ。モチベーションも高くなるけど(^^;)。
Posted by たつや 2006.08.18 Fri 16:11 編集
無題
いや、足立区ならそのくらいの物件ありますよ。
前、北千住から歩いて10分2万円というのをネットで見つけました(笑)。さすがにちょっと特殊な物件みたいでしたが。

板橋とか、そういう都会に住もうとするなら、安いのかもしれませんね。
でも、東京に住むことでモチベーションがという感覚は、東京近県に住む私としては、よく分からない。

まあ、同好の士がいるとか、出版社に通いやすいとか、自分にとって有利な条件を考え始めると、家賃がどんどん高くなるのは仕方ない気がします。

昔はよく、同僚や部下から「東京は家賃が高い」とか文句言ってるのを聞いたけど、良く話を聞くと「吉祥寺からは離れられない」とか「ロフト付きじゃないとイヤ」とか、ふざけんなボケ!と言いたくなるような事ばかり言ってたなぁ。
結局、まずそういう条件が頭に来てしまうというのも、生活に慣れていないということなんだろうなと、しみじみ思いましたが(笑)。
Posted by よっち 2006.08.18 Fri 20:18 編集
条件にもよるけど
都内でも、ただ安い所というだけなら、確かに2~3万円台もあるけどね。ただ、四畳半一間、風呂無し、共同便所という条件付きになるけど。

 風呂付の場合、最低ランクが4万5千円~5万円くらいかな。そのあたりだと大体ユニットバスだけど。
 風呂無しだと安い物件はあるけど、今、銭湯の入浴料は400円だしね。まず毎日は入れないし、銭湯自体も年々減っていく傾向にあるしね。風呂無しアパートも最近は借り手が付かなくなってきているから、潰してしまったり大家が改装して風呂付きにしちゃうんだよね。東京では一昔前の安アパートは壊滅状態になってるよ。

 埼玉県人の場合だと、東京にいてもすぐに帰れるという意識があるから不安は無いんだけど、遠くの地方からの上京者は、帰省するだけでも片道1万円以上かかったりするからね。実家に帰る事が生活費を逼迫する事がマジであるからね。だから東京に住むという事に対する「覚悟」が埼玉県人とは違うんだよね。

 東京に住むというのも「東京ブランド」というのもあるかもしれないけど、それ以上に上京者にとって東京は「いろいろな事が出来る環境が整っている場所」なんだよね。田舎と東京では、やれる事とやれない事の差がホントに大きいらしいよ。地方出身者が「東京」を口にするのも単なる「憧れ(特にTVドラマ的なイメージ)」だけではすまない事情があるらしいよ。とくに漫画家志望者の話を聞くとね。
Posted by たつや 2006.08.18 Fri 21:05 編集
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
(04/16)
(04/15)
(04/06)
(03/03)
(03/03)
(08/10)
(01/16)
(01/14)
(10/28)
(10/28)
最新TB
(06/09)
(03/10)
(09/08)
(08/27)
(10/11)
プロフィール
HN:
伊原 達矢
HP:
性別:
男性
職業:
しがない漫画家
バーコード
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]