忍者ブログ
徒然なるままに書き記した戯言集です(^^;)。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12-02-02.jpg

 2日前の1月31日、「美少女キャラデッサン 顔・からだ編」が発売された。制作時は大変苦労したので、それが本になって発売され、やっとその苦労が報われた。
 
 昨日、2月1日、僕のところに連絡が入った。「美少女キャラデッサン 顔・からだ編」がアマゾンですごい勢いで売れているという。
 アマゾンのページを確認すると、在庫数が12冊となっていた。アマゾンに何冊入荷されているかは判らないが在庫数が表示され始めたということは、本が結構な数売れて在庫が残り少ないことを意味している。それにしても昨日は本が発売されてからまだ1日しか経っていない。たった1日でそんなに売れるものなのか?僕の本が(^^;)。
 今日、2月2日、飛鳥吾郎という男を・・・(ry)ではなく、今日の昼間にアマゾンのページを確認したら、在庫数が6冊になっていた。在庫数が1日で1ケタになっていたのにはビックリした。そして2日2日午後11時42分現在、在庫数は3冊になっている。発売日から2日でアマゾンでは売り切れ間近だ(^^;)。

 アマゾンのページでは本の表紙のみで、中身は閲覧できない。アマゾンで本を買った人はジャケ(表紙)買いをしているということか(^^;)。
 表紙の絵を描いたのは僕ではない。ラフの絵も描いていないので、表紙の絵は絵師の人の完全オリジナルだ。本が売れた理由は内容ではなく、表紙イラストの出来の良さだということか。僕ではなく絵師の方の功績だ。
 表紙イラストに惹かれて本を買った人は、本が手元に届き中身を見たときどう思うのか?。中身がハズレだと判断したら「表紙サギ」と思われるのか?。内容を書いた僕にプレッシャーがかかる(^^;)。
 「美少女キャラデッサン 顔・からだ編」で検索すると、もうすでに本を買っている人がいて、ブログに本のレビューを書いていた。レビューを読むと、本の内容について好意的に書かれていた。
 なんでも僕の前作「萌えキャラクターの描き方」シリーズを購入され、内容に満足されたようで、その続編ということで「美少女キャラデッサン 顔・からだ編」に期待をしていたようだ。・・・こんなに嬉しいことはない!(^^;)。

 「美少女キャラデッサン 顔・からだ編」が売れたのは、「萌えキャラクターの描き方」が好評を得たのでその恩恵を受けたのだろう。前作様様だ(^^;)。
 その「萌えキャラクターの描き方」、特に1作目の「顔・からだ編」は、都内某所の書店で昨年度の技法書部門の売り上げで1位だったらしい。マジでっ!?(^^;)。
 著者としては「売れますように」と思って本を作っているけれど、実際にここまで売れると予想以上の結果に戸惑ってしまう(^^;)。

 「萌えキャラクターの描き方」同様、「美少女キャラデッサン 顔・からだ編」もよろしくご愛顧のほどを(^^)。
 
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
フリーエリア
最新CM
(04/16)
(04/15)
(04/06)
(03/03)
(03/03)
(08/10)
(01/16)
(01/14)
(10/28)
(10/28)
最新TB
(06/09)
(03/10)
(09/08)
(08/27)
(10/11)
プロフィール
HN:
伊原 達矢
HP:
性別:
男性
職業:
しがない漫画家
バーコード
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]